オカメインコのブラちゃん
d0103473_21475629.jpg
はじめまして♪

真っ赤なほっぺがチャームポイントのオカメインコのブラ(BULA)です。

え?新入りかって?
初登場だけど・・・実は大御所なんですよーっ。




d0103473_204934100.jpg
ブログに載せよう載せようと思いつつ、伸び伸びになっていたブラちゃん。

「ちゃん」付けだけど男の子。
なんと今年の5月で満13歳。14年目に突入。かなりの長老です。


d0103473_20591620.jpg
ブラちゃんは、とっても甘えん坊でビビりで、お歌が上手でモノマネが得意です。

お歌が上手と言っても・・・レパートリーは1曲(笑)。
『カエルの歌』が歌えます。

しかも・・・

『ブラちゃん、カエルの歌は?カエルの歌。さん、はいっ!・・・』

と、掛け声から始まり・・・(この部分↑も自分で言います)

『カ~エ~ル~のう~た~が~、き~こ~え~て~・・・』

と、少し調子を外しながら歌い(鳥なのに音痴)、歌い終わると

『ブラちゃん、いい子だねぇ~』

と、自分で自分を誉めます(爆)。

そう。つまり、かんママがブラちゃんに話し掛けている言葉&歌を丸ごと覚えてしまうのです。


他にも、昔は肩に乗せたまま洗い物などをしていたので、
蛇口から水が流れる『チョロロロロ~』って音をモノマネしたり、
かんママが『ブラちゃんチュは?』って聞くと
ちゃんと『チュ』って音を出してキスしてくれます(笑)。
『ブラ、おいでっ!』と、言うのも得意(自分で自分の名前呼んでます、笑)・・・つまり、意味はな~んにもわかってないってことですね(苦笑)。


d0103473_21161382.jpg
『ブラ』って名前の由来は、フィジーの挨拶から。
ハワイの『アロハ!』と同じ意味で、フィジーでは挨拶のとき『BULA~!』って言います。
昔フィジーに行ったとき、この響きが気に入って、この名前をつけました。

ちなみにワンコ達との交流はほとんどありません。
お互い存在は理解してるけど、ブラはワンコが近づくと羽を広げて威嚇するし、
ワンコもそれ以上は近づこうとしない・・・これで程よい距離を保っているようです(苦笑)。

これまでブログに登場しなかったのには理由があります。
カメラを怖がるんです。あのジージー言いながらレンズが伸び縮みするのが何とも怖いらしい。
オカメってすんごい臆病なんですよね。
夜中に物音がしてもパニックを起します。これを通称:オカメパニックって言うそうです。
地震にもすごい敏感で、超パニック状態に。そんな時は名前を呼んで落ち着かせます。
カメラも怖がるので、部屋の中なのに300ミリの望遠で遠くから撮りました(笑)。

鳥って懐くの?って思うかもしれないけど、もしかしたらワンコ以上に甘えん坊かも。
特にオカメインコは最も人に慣れる一種と言われています。頭も非常に良いです。
朝なんて姿が見えなくなるだけで、ピーピー鳴いて探します。撫でられるのも大好き。

アメリカでは実は中型インコやオウムの人気がすごく高いんです。
オウムになると20年・30年・・・それ以上と寿命が長いので、
一生涯のパートナーとしてオウムを飼う家庭が多いそう。


d0103473_21485787.jpg
オカメインコの寿命は、自然界だと20年以上とか。。。
飼い鳥だと平均で6年とか10年とか15年とか・・・色んな説があるけど
大切な家族の一員としてこれからも元気で長生きしてね、ブラちゃん♪

また良い写真が取れたらブラちゃんネタ、UPします☆


by:かんママ
[PR]
by kan_mom | 2008-03-10 21:39 | ■オカメインコ・ブラちゃん
<< かんたの災難 経過観察 >>